2017年02月11日

大人のがま口とトート。



昨日、新しい作品が入荷しました。
銀屋さんっぽくないと思われるかもしれませんが、
長年のリクエストから出来たた  がま口です。
がま口好きさん、お待たせしました。
6D94877F-40F2-42C8-AF6E-A2A03F03C895.jpg


カラーも豊富です。
331208E0-2AB6-44C9-B762-26AB92C9609E.jpg
がま口を作るのは初めてという事で、ずいぶんと試行錯誤されたそうです。


良いがま口は、パカっと開きます。
少しぽてっとした丸みと、気持ち良いパカっが完璧です。


上の画像は、裏表同じ色の単色ですが、
3点だけ裏表の色がちがう  2トーンがあります。
0CAD0D24-35A8-45BB-A739-F9FDBD7FB8BD.jpg
パッカーンと大口開ける姿が、爽快です。
パチンと、何度も開けたくなります。


別アングルから。
117F9CA0-3C0B-46EE-A6F3-7C545595718B.jpg


他には、グレー × ワイン、ブラック × グレーが。
06DCE1AA-4EDE-4F68-B617-2D2F87045DE2.jpg


少し大きめなので、お財布としてお札も入りますし、
ポーチや、タバコケースとしてもお使いいただけます。
女性はもちろん、男性が持っても  カッコイイです。


そして、今回はバッグが豊富です。
トートバッグを紹介しましょう。
B96F6814-6AB1-4E36-BD9C-D95C6202B28F.jpg
ブラック ×  チョコレートの、洗練された大人の大きめトートバッグ。
デザイン性 、機能性、潔さ、完璧です。
これを持ってるだけで、ちゃんとした大人の風格が。


植物タンニンで鞣した  柔らかいヌメ革に、
シュリンク(収縮加工)を施した、表情のあるシボが、また良いのです。
革の裁ち目を表に出し、断面も美しく磨いてあります。
 

持ち手の横には、メガネ(or ペン)ホルダーが。
7E1815E7-D255-4BB1-9681-E7574A775DA5.jpg
持ち手の端にも角度がついていて、美しいのです。


中はポケットに、キーホルダーがつけられるリング付き。
バッグの口は、ボタンで留められます。
B9B91D78-4404-4D89-A731-D20D66486FA5.jpg


裏面も、ブラック × チョコレートに、ポケットのステッチがアクセントに。
3A1C41AC-A668-42C2-B7E1-22EEB92A1F5A.jpg
本当に惚れ惚れする逸品です。


2色の切替が  横のタイプも。
A402EC32-97C6-4148-BF2E-29984258C8F9.jpg
こちらは、切替部分がダブルステッチに。


裏面は、チョコレート単色。
シンプルに持ちたい時は、こちらを表に。
319EE1C4-9E0D-4D40-ADBF-4DC211B7F937.jpg


同じサイズで単色もあります。
チョコレート。
434075B6-A59A-4C57-AB86-1B75A281BE52.jpg


ブラック。
0F20D5AF-77EB-42DA-AFAE-E1384BE26697.jpg


単色のさらに大きなバッグ。
一or二泊旅行も、十分なサイズです。
7499D1CE-A3F3-4B2E-8833-D852031EB908.jpg
先ほどトート同じく、牛ヌメシュリンクレザー。


111C8FB9-8412-458E-9C71-EABE493E8717.jpg
大きいのに、重くないのも魅力です。


こちらも、シュリンクレザー。
シルバー製のフェザーモチーフ付き。
E03D9E7A-5333-441A-81C3-9F4BE097A5BD.jpg


女性が、普段使いに持ちやすいサイズも。
B7CDDE71-CADC-495D-BA29-878CEE3800B5.jpg


↑ こちらと同じ形のレーシングレザー、ブラック。
レーシングスーツ用に作られた  ソフトな革です。
C082C7CF-A952-46C1-B0C1-B122DD705935.jpg


同じくレーシングレザー、シルバーフェザー付き。
29A0EE58-DDBC-4561-9226-55CFD1919853.jpg


縦長も。
FD5B1AB8-754F-4C8A-ACEE-A0863F769630.jpg


レーシングレザートートに、手染めのポケット付き。
E65A73E4-1E6B-45D2-907D-292471E0AA74.jpg

D1FCA984-F80E-4A55-A4E2-BC5F5D1F2681.jpg

08600E2F-0A98-40C9-B22E-2BA09B694273.jpg


きっと 、どれも生涯使えるバッグになります。
銀屋さんは、現役である限り  ずっとメンテナンスをしてくれます。
大切に長く使えること、間違いないです。


決してやり過ぎる事のない、潔さ良いデザイン。
必要な機能は しっかりあり、細かな配慮がなされています。
後世に残したい、本当に素晴らしい逸品たちです。


【 革細工師   銀屋   総手縫革展 】

「 運に命を見い出して  運命  
     革に命を吹き込んで  革命 」
           2月3日(金)〜19日(日)
           ★フラマン店内にて




posted by ジュンコ at 12:28| Comment(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする