2015年03月25日

旅立ちの春。



ただ今ひっそり開催中の、春のフェアトレ祭り ですが、
ご用意した山羊革のブックマーカーが なくなってしまいました。


そこで、プレゼント内容を変えました。
“ ちびたわし ”か、“ ヴィンテージハットピン ” のお好きなものを
選んでいただけるようにしました。


まずは、実用的な ちびたわしは、こちらです。
chibitawashi1.jpg

chibitawashi2.jpg
なんと、形も変えられる優れもので、フラマンでも ずっと人気です。
そう、店頭でも買えるものなのですが。


私も愛用しています。
1つは 野菜洗いに、もう1つは フライパンや鍋を洗うのに。
2つを使い分けています。


根菜は、たいてい皮をむきません。
ちびたわしでよく洗って、そのまま使います。


ごぼうは、ちびたわしでこすれば、
洗いながら 皮がむけちゃうので、それだけでOK。
きんぴらごぼうも あっという間に完成しますよ。


そして、もう一種は、ぜんぜんちがう おしゃれアイテムです。
スロベニア(旧ユーゴスラビア)など 東欧のヴィンテージハットピンです。
こちらは、非売品。
hatpin.jpg


元々ハットピンは、20世紀初頭、
貴婦人のおしゃれの必須アイテムだった 帽子のアクセサリーとして、
広がったものです。


その後、企業や都市、大会などのノベルティーとして、
特に60年代頃に 多く作られるようになりました。
主に その時代のものです。


ブローチとして、襟元に付けたり、
プッシュピンのように、壁にポストカードやメモを貼ったり、
アクセサリーのパーツにしたり。。。


フェアトレード商品を含む、2,000円以上のお買物で、
いずれかを プレゼントします♪


そして、シサムコウボウの お洋服を少し紹介します。
sisam.cn4.jpg
バッグ以外の全身を、シサムコーデしてみました。


帽子は、ヘンプ&コットンの手編みです。
つばの先にワイヤーが入っていて、形を変えられます。
ネパール製。 色違いで明るいネイビーもあります。


ブラウスは、コットン100%でフレンチスリーブです。
インドの伝統刺繍・チカン刺繍をぐるりと3周 裾にあしらった、
薄手の軽いブラウスです。


透け感があるので、中に合わせるキャミソールで、
色を遊んだり、雰囲気を 変えるのも良いですね。


カーディガンは、オーガニックコットン100%のもの。
詳しくは、こちらをご覧ください。↓
http://flamant.seesaa.net/article/414766160.html


そして、デニムのパンツは、サルエルです。
sisam.cn6.jpg
ちょっと 面白ポーズですね。
パンツが もこっとしてますが、そこは 履き方次第です。

sisam.cn2.jpg
私は 大のサルエル好きです。
楽なのもそうですが、履き方で表情が変わるのが 面白いです。
カジュアルだけでなく、キレイ目にも 履けます。


その伸び代が、おしゃれゴコロをくすぐります。


バッグは、最強の天然素材・サイザル麻で、持ち手は牛革です。
アサンテサーナが扱う、ケニア製。
サイザル麻についての詳しくは、こちらをどうぞ。↓
http://flamant.seesaa.net/article/399075296.html



こうやって、チェルシーにモデルをしてもらって、
紹介できるのも、これが最後かもしれません・・・。


もう数日もすれば、
チェルシーが 日本から離れてしまうんです・・・(泣)。


しばらく旅に出て、その先のことは決まっていないのですが、
突然の決断で、はぁ〜〜〜〜〜、、、 寂しい。。。(号泣)


春は、旅発ちの季節ですもんね。
今日は、小学校の卒業式があったようですしね。


みんな 新しい希望の一歩を 踏み出すのですね。。。


p.s 明日は、定休日です(念のため)。
  金曜から またよろしくお願いします。







posted by ジュンコ at 19:26| Comment(2) | フェアトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え゛ーーーそうなの???

チェルシーさん、旅に出ちゃうの?
淋しいけれど、羨ましい・・・
先が決まっていない旅だなんて!
もう、一生出来ないだろうな〜。

でも、チェルシーのコトだから、
ふら〜っと、帰ってきてくれる気がする。
ふら〜っと、鵜飼舟とかね。笑

笑って見送れてるといいんだけどネ。
Posted by ぷぅ〜ママ at 2015年03月26日 18:40
ぷぅ〜ママさん

そうなんですよ〜。
チェルシー自身も、そうなることを信じられないって言ってました。
1ヶ月は、インドでみっちりヨガをするそうですよ。

確かに、またふら〜っと帰ってきてくれそうな気もしますよね〜。
いつでも大歓迎ですから。

もう会えない気はしないので、笑顔ですねっ♪


Posted by junko at 2015年03月27日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: