2016年10月18日

キンモクセイ香る ロシアな日々。



矢沢永吉のTシャツに、矢沢永吉のタオルを首からかけた人に、
お店の電話をお貸ししたら、コレをくれました。↓
F6B2D99A-A51C-4EDE-BF8E-FAEE406B3B0A.jpg
世話になったらお礼をする、YAZAWA式だそうです。
義理を欠いたら、矢沢さんに申し訳ないと。


小一時間  YAZAWAを語り、
ジバニャンのクリスマスケーキのカタログを見せて、
マーサに行かなかん! と帰って行かれました。


そんな今日は、キンモクセイの香りに誘われて、
外で写真を撮りました。
D93E0682-0A90-41CA-B477-0D413D729315.jpg
キンモクセイ、岐阜市内は昨日が一斉解禁日かと思うほど、
急にあちらこちらで、香りはじめました。


はぁ〜、、、なんたる 芳しい。。。
待ち望んでいました、この香り。
姿は見えなくとも、一歩外に出ると広がる香りにうっとり。


まさかの夏日、半袖にキンモクセイ。
キンモクセイ = おセンチが  ゆるぎます。


先ほどの写真のコーディネートは、上から順に、
『 ロシア革命の帽子 』、『 ロシアの標準的ヒモ 』、『 ウォッカ工場公認カシュクール 』。
そして、『 フリンジ(タッセル付き)パンツ 』 です。
56730349-7C27-488D-BF99-8786042C5280.jpg
先日、ロシア人女性が、ロシア具合を確かめに来られました。
まさか!   ひーっ。


私が言うのもなんですが、
ぜんぜん ( ホントの ) ロシアっぽくはないですよ。
あくまで、空想(妄想)の旅なので…。


ロシアの革命帽を見て、ロシアじゃ10月までしかかぶれないなと、
リアルな赤ペン、ありがとうございます。
寒いですからね、やっぱりロシアは。


マトリョーシカを見て、ロシアだねって。


私がマトリョーシカ工場に行った話をしたら、
「 工場なんてあるの?  マトリョーシカが当たり前すぎて、
考えたこともなかった。」と。


そんなもんなんですね。
私の方が、ロシアの人より  マトリョーシカの事  考えてますね。


それはさておき、
こちらは 『 マトリョーシカが着るベスト 』
早速、追加納品された作品です。
B412BAEC-9FA3-46FE-8DB4-35226E74CE77.jpg
わかりにくいですが、カラーリングもロシア的。


後ろ姿。
B892B3CD-A8BA-4816-9D84-50608B0682E0.jpg


ボタンの掛け方や、襟の作り方で、雰囲気も変わります。
3AC77F99-A602-46DE-B45D-04FD91BA19C1.jpg


細部もね。
3AF54EBE-177F-42E4-BE54-E39E7DF737D7.jpg
また、この生地が  とても上質なイギリス製のwool生地。
丹下さんも、コレはおススメ!という逸品。
しかも、お値段が ¥7,800 なのです!!


お色違いもあります。
2A2FEA71-E054-4B6E-BC39-FBE847678902.jpg
落ち着いた色合いですが、糸のメリハリがあって、
立体的に見えます。


また、生地違いも。
59FFFC48-8C9E-4859-A4AF-79E6ED732C52.jpg
このタイプは、私も 一目惚れで愛用中。


リバーシボー。
裏はコブラン織りが美しい。
427B0F39-AC94-4CD5-8EB7-75C74788A189.jpg
襟を立てて、ちょっとお妃様風に。
もちろん、襟元も自在に  雰囲気が変えられます。
ボタンを掛けずに  着流したり、腕を通さず  ショール風にも。


ブローチで留めて、フリルを前面に見せたり、
とにかく、何wayにもアレンジ可能です。
体型も選びません。


今回は特に、作品量がものすごいボリュームで、
見応えたっぷりです。
どこから見て良いのやらと、アワアワするくらいです。


続けて行きますよ。
ロシアの花のベスト。
7DD87F68-B1EA-4964-A9FF-74CA17DD4AA0.jpg


後ろも美しい。
C04CA50B-944B-492A-8C1D-9842F33CAAF0.jpg
と言うより、どちらを前にしても良いのです。


『ツングースクのイナズマ』ジャケット。
B7EB8EEA-2F65-4318-8AF3-052F19114F28.jpg
そう、実際に今から 100年程前に、
ツングースカ大爆発と言って、隕石が落ち 大爆発があったんです。


ロシアと言えば、隕石落ちたよね!
と幸江さん、ずっと言ってました。


恐らく、丹下さん的  2大ロシアイメージの一つが、
未確認生物UMA(ユーマ)。
雪男とか、ユニコーンとか、その他の生き物。


ロシアUMAカーディガンも、種類豊富です。
全体にアップリケがあるので、ぐるりと回ります。
DB6F8E43-18AD-4E05-8C0E-BB61BA399809.jpg

B25E639B-5E7C-4653-87A7-D08B5F15BD10.jpg

305EE7CC-EE6F-4DCF-8278-FC38616CA554.jpg
こんな生き物なら、友達になりたいです。


他にも、
632D5AFE-39FD-4416-8E64-16DE42CCC308.jpg

1B924A47-6A8C-4550-9E56-A3F172126749.jpg
まだまだ、いろんな生き物がいます。


ほぼ オールシーズン着られる、リネンの定番のワンピースもあります。
72A87DD2-190B-4037-AA69-FAE4FFC8EFB6.jpg
襟元には、『 ロシアの標準的なヒモ 』 を着用。


バッグスタイル。
前後、どちらを前にしても良いのですが。
F6980067-F30D-47A9-A4E5-5B07E204B8ED.jpg


同じく、リネンワンピース。
90C8ACCE-7D71-4790-9B8A-D166DF0C5A32.jpg

CFA58C1A-714E-4997-8F5C-DD206D31241E.jpg


本当に見応えがあります。
着る人も、見る人も楽しくなっちゃう、丹下幸江さんの魅力、
ぜひ 試着して味わってみてください。


手が込んだ面白いデザインを、上質な素材で作られているのに、
とてもお値打ちです。


ご近所ゆえに、マメに追加納品をして頂いています。
いつ来て頂いても、楽しいことになっていますので、
存分にご堪能くださいね。



〈 丹下幸江作品展〉
『 もしもし? ロシア 』展

10月14日(金)〜 31日(月)
✳︎フラマン店内にて開催中!






posted by ジュンコ at 19:34| Comment(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: