2016年12月10日

『 じゃらんじゃらん ウブド展 』はじまりました!



3E1B5B6E-11D6-4676-8E5A-34FBF4AC478E.jpg
昨日より、神々の島・バリ、ウブドで出逢った雑貨を集めた企画展が  はじまりました。


タイトルの『  じゃらんじゃらん  ウブド展 』の“ じゃらんじゃらん ”  は、
インドネシア語で、散歩するとか、遊びに行くことを言います。
ウブドを散歩するように、ちょっとした旅気分を味わっていただけたら。。。


フェアトレード商品も、かなりありますよ。
どれも 手仕事のものばかりです。
AFC8DBB4-289A-4698-AA4E-769FD62BCADC.jpg

916AEAF7-D270-4964-81BF-B467190FC19B.jpg

00DE75F8-5068-42B2-BC20-C824A9EE6AE1.jpg

F10A6075-BCC1-4A44-933B-F53253030ED3.jpg

8A1B6E98-0EEE-4AC9-B8FE-881972286D5D.jpg

79914DEC-D50F-4056-B3C5-D8F6A70A8D7F.jpg

67145375-4F03-4CCA-8B11-895DA83CE3F5.jpg
作家さんの手描きのバティックは、圧巻です。
他の作家さんのものも、何点かあります。
また改めて紹介します。


毎回ではありますが、自分の要領の悪さに、どうしたもんかと 思います。
2日目終わって、やっと だいたいの値段付けをしました。


そう、値段の付いてないものが 並んでる辺りも、ある意味  バリっぽい。
昨日のスタート時点では、一つも値段がついてなかったですからね…。
いや、そういう問題ではない ( すいません )。


私にとっての、この旅の大きな目的に、
“ フェアトレードの生産者さんのところへ行く ”
というものが  ありました。


フェアトレード商品の魅力を、皆さんに直接  お届けすることが、
日本にいながらできる  大切なことだと思っていますが、
生産者さんの現場へ 行きたいという思いが、ずっとありました。


今回、やっと  それが実現したのです。


ウブド郊外にある、フェアトレードNGO・ミトラバリです。
フラマンでは、シサム工房から、ミトラバリのものを扱わせて頂いています。
C631C2BE-C450-4D4A-8046-5A2A2B0F03A6.jpg

0E6AD6AA-A42C-4339-AEE2-129FCC0B6EC8.jpg

6F65342C-9209-4514-810B-0562DC3A615B.jpg

2209AA97-A77F-46B2-B0A4-BFC4054E1A17.jpg
ミトラバリ代表の アグンさん。
こちらのことも、また詳しくお伝えしますね。


今は、バリの文化や生活習慣、普段の暮らしに興味津々です。
思ってた以上に  今回のウブドの旅が  素敵すぎて。


今回の旅は、ユタカさんの希望で  実現したのです。
本当の事を言うと、私は  そこまでバリに対して、思い入れがありませんでした。


私が初めて行ったのは、15年前のこと。
前職の  社員旅行兼買付という旅でした。


当時は、わりとバリブームもあり、日本人観光客も  とても多かったです。
行った場所も、華やかなビーチのあるクタが中心でした。


道を歩けば、三つ編みかネイルをしないかと、ずっと声をかけられっぱなし。
そうじゃなきゃ、若男子が  「 ミホ?  サキ? ヨーコ?…」 
と、テキトーな  日本女性の名前を言って、気を引こうと。


だんだん  ウンザリしてくるんですよ。
とは言え、結局  これでもかってほど、細かい三つ編みをすることに。
日本に帰って、こさえた三つ編みの恥ずかしさに  、一気に現実に戻りました。


今思えば、それも  観光客がそうさせたんでしょうね。
もちろん、本来のバリは  そうではないのに、
どうでも良いことを見て、大事なことを見ていなかったのです。
浅はかですね…。


あと、バリに限らず、アジアあるあるですが、
その時に  日本で流行ってるギャグを、現地の人が言って、
日本人にウケる、という流れがあります。


「 ゲッツ!」 とか、「 ソンナノカンケーネー!」 とかね。
たまに  多少 時差もあったり。


今回のウブドは、浮ついた体験もなかったのですが、
一度だけ、車に乗ったおじさんが、横を過ぎる時に、
「 アイハーバー ペーン!」って。


一瞬だったし、そういうの忘れてたから、笑う事しかできなかったけど、
そこは、「 ペンパイナッポーアッポーペン 」 言いたかったな。
おじさんだったし。


それはさておき、
今回特に、そこで暮らす人達のお家や工房、アトリエにおじゃましたり、
お話する機会が多くて、それが本当に心地良くて。


もっともっと知りたいと思ったし、ここで暮らしたいって思うくらいで。
もちろん、思うのと実際住むのとは、 違うでしょうが。
いろいろとご苦労されながら、暮らしてらっしゃる事と思います。


そこで暮らす人にしかわからない話を、いろいろと聞くこともできました。
村の習わしや、たくさんある宗教行事のことなども。
私の中でバリが、ものすごく 特別な存在になりました。


導かれるような  不思議なご縁のつながりで、
これ以上ない程 、とても  充実した旅になったのです。


雑貨で全てをお伝えすることは、もちろんできませんが、
少しでも  新旧のバリの魅力をお届けできればと思います。


バリ( インドネシア )の伝統的なものに敬意を表しつつ、
新しいエッセンスも取り入れた、私なりの厳選雑貨たちを。


それぞれの魅力を、また  順に紹介していきますね。
そして、ウブド日記も  まだ続きます。。。


『 じゃらんじゃらん ウブド展 』
      12月9日(金)〜 25日(日)
     ★フラマン店内にて開催中!






posted by ジュンコ at 23:00| Comment(0) | 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: