2017年02月13日

チャンピヨンバッグとホームランバッグ。



寒い日が続いています。
とは言え、ミモザのツボミは  ほんのり黄色くふくらみ、バラも小さな葉っぱが出てきています。
こんなに寒くても、春は確実に  近づいているのですね。


春に向けて、いろんなものが(ヒトも)力を蓄えていることでしょう。
蓄えて、はじけたいですね。。。
こちらも、力を蓄えてますよ。
1882ED02-47F2-45CC-A414-6D3AD64F5006.jpg
サンドバッグをモチーフにした、銀屋さんの人気のバッグシリーズです。
デザインは、2つのタイプに分かれます。
こちらは、ホームランバッグ。


そして、こちらがチャンピヨンバッグです。
CB574878-15C6-4CDB-9268-74044209DC93.jpg
こちらは、バッグの口が折り返してあるタイプ。
先ほどのホームランバッグは、折り返しはなく、
ステッチで美しいラインが、形作られています。


まずは、ホームランバッグから。
シュリンクレザーのグレー。
2870AF1D-33AB-4D40-8C8C-92D6848D7954.jpg
ベルトの長さは、2wayになります。
こちらは、長くした状態です。


ワインは、女性に人気です。
もちろん、男性が持ってもカッコイイですね。
1E944E2B-95D5-4518-AA16-A5472248D50A.jpg
こちらは、ベルトを短くしています。
ボディバッグのように、体にピタッとした感じに持つにも良いですよ。
バイクや自転車に乗る方にも、短くしてお使いいただけます。


こちらは、色目がわかりづらいかもしれませんが、濃紺です。
ベルトは、長くしています。
縦に持っても、横に持っても  サマになります。
E1A3B055-9656-4168-B471-7253B5B62974.jpg


そもそも、ホームランバッグの名前がついたのには、理由があります。
ホームランバッグの最初の作品がコレです。
4EECD466-E92D-482E-9DF6-379AFFA4065A.jpg
実は、これは  お客さまからのお預かり物。
メンテナンスをするために  お預かりしたのです。


よーく見ると、
61935B87-3F02-469A-B611-5CC80541208A.jpg
HRの文字があるのが  わかりますか?
生産者さん(牧場)の  キレイな焼印が入っていたのです。
こんな事は、滅多にないそうです。


それを生かしてできたのが、このホームランバッグです。
その時にできたデザインが、このステッチが入ったもの。
それ以来、このデザインをホームランバッグと呼んでいるんですって。


ホームランバッグでも、ニュータイプもあります。
ハリのある型押しです。
スーツに持っても粋ですねぇ。
85FEB10C-DA15-4A22-8F4B-5CC5106265B9.jpg


上品な  濃い目の赤茶。
C3DEF401-2E98-4B20-AD5C-15B41A66FAD2.jpg
これらは、男性が持っても女性が持っても似合います。
オシャレな上に、キチッとした印象もあり、持ってるだけで上級者に。


本家・チャンピヨンバッグも。
239989FB-276B-4E9C-8A0A-342C2854AA68.jpg
このグレーのバッグを見て、元祖・ホームランバッグをお持ちのご夫婦の奥さんが、
思わず、「 かわいいー! 」って。


「  (かわいいって表現が)銀屋さんには  不本意かもしれんけど…。」 と、控えめに。


良いんです、「 かわいい 」も。
でも、かわいいの意味合いがちがって思えるのが、さすが銀屋さん。


私も、チャンピヨンバッグを  6年近く愛用していますよ。
時々メンテナンスをしてもらいながら、どんどん良い風合いになっています。


たいてい荷物を  パンパンに入れているので、ホントにサンドバッグみたいです。
今、ふと思ったんですが、いつかこっそり サンドバッグみたいに  パンチしたいです。
思いきっきり  パンチして…、いや バッグだし…。


それはさて置き、このバッグの良いところ、
ファスナーがガバッと開くんです。
D55B1AE9-62C9-4011-83F0-4AA11366B3B5.jpg
中身が  瞬時にパッと見られます。
とても使い勝手が良いですよ。


カッキーンと  ホームラン打ちたい気分になりました。
打てないけど。
8166B422-EB08-4A95-8982-58EAB429F3AF.jpg


銀屋さんのホームページの写真が、キレイです。
ぜひそちらもご覧ください。


【 革細工師   銀屋   総手縫革展 】

「 運に命を見い出して  運命  
     革に命を吹き込んで  革命 」
           2月19日(日)まで
           ★フラマン店内にて


posted by ジュンコ at 23:48| Comment(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: