2017年07月02日

7月7日(金)から『 カンボジアのかご展 』開催!



こじましほさんの、『 えほんと  ハンコと おっさんと 』も、無事終わりました。
しほさん、皆さん 本当にありがとうございました!
余韻に浸る間もなく、次の企画展のお知らせです。



433A9B77-B260-4EC1-91DA-872B7D11155D.jpg
フラマンではお馴染みの、moily(モイリー)さんのカンボジアのかご。
この度、初の企画展を開催することになりました!


岐阜市内にお住まいの 池宮聖実さんが、カンボジアの村を行き来して、
丁寧に大切に  作り上げてきた  かごです。


私にとっても、とても思い入れがあるので、何から話していいのやら。
フラマンは、moilyのかごを最初に取り扱わせてもらった店でもあり、
moilyの紆余曲折、ブランドも編み手さんもどんどん成長する様を  一緒に見てきた同志のようでも。


moilyというブランドは、池宮聖実さんが立ち上げ、現地を行き来して、お一人で切り盛りされています。
もちろん、現地の編み手さんあっての moily ですが。
なんと、現在29歳の若さです。聖実さんご本人。↓
807297B1-F5EE-4689-B484-E5849E8A89E8.jpg


元々、教員になりたかった聖実さん。
視野を広げるために  世界を旅するうちに、「貧困」が他人事ではなくなり、
活動を始めるきっかけに。
BF153573-48C2-45E1-BCD8-DE41D35BC923.jpg
写真はHPより。


詳しくは、HPのこちらに書かれています。


そんな彼女が注目したのは、カンボジアとベトナムの一部の地域でしか取れない、
良質な繊維(藤の一種) ラペア ≠フかご。
現地では、野菜や果物を入れたり、形を変えて魚を捕ったりと、
生活には欠かせない、その地に根付いた  かごです。


カンボジアの村にある素材と、受け継がれたその技術を使って、
moily のかご作りがスタートしました。
2E4C7D89-1E11-46D5-8B7B-CBD65EC9BC14.jpg
ラペアを雑木林から、採取するところから。
編む状態の繊維にするまでも、大変な労力です。


ひとつひとつ、丁寧に編まれていきます。
01D5F7E6-87EB-465F-B2C1-6319ECC9D511.jpg

704627AE-6B11-4D20-BC32-1D02EBEC2E4B.jpg


丈夫で良質なラペアで編むかごを、スタイリッシュに、
日本の暮らしに合うデザインにして、現地で新たな仕事の形を生み出したのです。
5CE6507A-0B47-40BB-BC1D-840833EFFBA3.jpg


詳しくは、HPのこちらに書かれています。


タグにもストーリーがあります。
バナナペーパーで作られたタグには、裏側に編み手さんの名前が書かれています。
5E415538-9AC5-4E25-AD2E-F78831B12775.jpg


編み手さんの写真も載っていますので、この方が編んでくれたのね〜! と愛着もひとしお。


全て、機械を一切使わない  手仕事です。
電気もガスも水道も通ってない村で  作っているのです。


そこには、笑顔があふれています。
私も写真や映像でしか見た事はありませんが。


企画展では、村の写真などの展示もあります。
moily のストーリーや、編み手さんの背景がわかる楽しい展示になりそうです。
中京テレビ『 キャッチ 』で放映された、moily 聖実さん密着の   番組映像も観られます。


そして、7月8日(土)・9日(日)の2日間、
聖実さんがフラマンに  在店してくださいます!
ぜひ この機会に、直接いろんなお話を聞いてみてくださいね。


笑顔が可愛らしい、とても気さくな女性です。
みんながハッピー、何より自分が一番ハッピーだからと、
楽しんでやってるんですよ。


7月7日(金)からの開催です!
お楽しみに〜♪


【 カンボジアのかご展 】
7月7日(金)〜 17日(月・祝)
*フラマン店内にて開催!
*7月8日(土)・9日(日) 聖実さん在店!


※オマケ
名残惜しくて、こっそり隠れていた チンおっさん発見。
3BA2E6CF-0401-4B0C-ACA0-527559201D85.jpg
2人が、ひっそりと身を潜めるように、ぶら下がっていました。
そうか、そうか。
かわいい  おっさんめ。




posted by ジュンコ at 16:43| Comment(0) | フェアトレード・企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: