2017年07月15日

moily とフラマンの出逢い。



フラマンでこうして、moily初の展示会をやってもらえることは、
私にとっても、とっても  うれしいことなのです。
moily 聖実ちゃんとの出逢いなんかもお話ししたいな。。。


とその前に、フラマンからお嫁に行った、かごたちのその後を、
一部ですが  お届けしたいと思います。


こちらは、真ん丸のトレイ。
お隣のおばあちゃんのお手製  朴葉寿司を乗せて。
8627F965-E9DE-4902-94DE-6FBBDD10A955.jpg
まぁ! おいしそう♡
朴葉寿司が、爽やかに。
夏の食卓が、涼しげで  食欲をそそりますね。


体調があまり良くなかったおばあちゃん、今年は朴葉寿司を作らないつもりが、
お隣の  かわいいママさんに食べさせてあげたくなって、
作ってくれたんですって。


大きなかごバッグは、存在感バツグンです。
8849A7EC-7FEF-45A9-BAEA-F40EEDF8EE83.jpg
横長のフォルムもステキでしょ。


そう、お友達も一緒に。
73274471-853D-4110-81D7-B81DEE120DCC.jpg
パーニュのサックが、チラリと見えるのも  しゃれてます。


ランドリーバスケットMサイズは、おもちゃ入れにも。
1AD444E7-F6B1-448E-956B-D07150B5DFFE.jpg


丸いかごは、置いてるだけでも絵になります。
編み目もたたずまいも  美しい。
3B3541E1-4690-49F4-A9E8-6FA3DA35B380.jpg
手前にあしらった小さな花器は、ソースディップ用の容器なんですって。
それもまた素敵。


時には、間接照明にも。
FCBEA1F4-E048-46A6-81B2-146F6424DE8E.jpg
コップのフチ子さんならぬ、ジュートのパオ子さんも。


こちらは、1年半ほど前に  お嫁に行ったもの。
5806BEA6-2DE8-4CCD-B354-9F4387F5E8AF.jpg
スライド式の炊飯器台の横に、ぴったり収まるシンデレラサイズ。
あまりにもぴったりで、新築のお家に、最初に入った家財道具なんですって。


少しずつ色も変わり、ちょっと艶も増していますね。
ふふふ。


編みたてのものは、元のラペア( 植物 )の茎の色がほんのり残り、少し緑がかっています。
034F4022-1362-4710-976C-9597BA43D067.jpg
それが、経年で少しずつ色が変わっていきます。
その変化もまた楽しみですね。


もしよろしければ、こんな風に使ってるよー。
って、メールください。↓ フラマンのメールアドレスです。
info@mariposa-f.com  (※@を小文字にもしてください)
( 私のアドレスをご存知の方は、直接も大歓迎です! )


moilyの聖実ちゃんが作ってくれたパネルです。
77899D32-04CD-4FCE-9346-9AC181ABB796.jpg
うれしいことを言ってくれます。


思ったら即行動。 考えるより動く! を実践してるのが、聖実ちゃん。
販売の仕方など、細かい事を考えるより先に、
まず現地でのかご作りに  全力を注いでいました。


そう、まだ  当時は、販路がまるでありませんでした。
フラマンのような小売店に卸すという事も、もちろん初めて。
とは言え、かなり完成度の高い商品は  出来ているのです。


聖実ちゃんは、遠慮がちに  
「 何もわからないんですが、普通こういうのって、どうやって販売するんですか?」
「 取引条件ってなんですか? 」
それを素直に聞けるのが、彼女の良いところなのです。


正直、この子大丈夫かしら?  と心配になるほどで。
もうそうなると、ほっとけないですよ、こっちだって。


商売が目的で始めたわけではないので、
当時の彼女にとっては、販売の優先順位は後の方。
そりゃ、順番からしたら、正しいっちゃ正しい。


私も、作り手さんと使い手さんをつなぐ立場のものです。
物作りの一端に参加できるのは、私にとっても  この上ない幸せです。
しかも作り手さんに直結でき、またそれを販売に繋げられるのですから。


聖実ちゃんの真っ直ぐさは、いつも本当にまぶしいです。
「 なるほど〜!」
「 うわ〜、それ良いですねぇ!」
「 (忘れないように)書いとこっ!」


本当に素直で、頑張り屋さんで、あったかくて、でもちょっと抜けています。


あまりにも、この3年余りで、いろんな事がありすぎて、
いろんな事をポロポロこぼすように、忘れていきます。


私も、だいぶ忘れっぽいけど、
( 聖実ちゃんの )こぼれた忘れ物を ちょいちょい拾いあげます。


それほど、目まぐるしく  彼女は動き回り、
実際に状況は  変わっていっているのです。


リゾートバイトで、短期集中でお金を貯めてカンボジアを行き来していた数年前が、
今は  現地に頼りになるスタッフもでき、彼女が居なくても、
新しい編み手さんが育つほどに。


日本では、デパートからの引き合いも多く、
ソコトコなどのメジャー誌や、人気サイトでも紹介されたり。


moily は今や、すっかり人気ブランドなのです。


とは言え、もちろんこれからしたい事、現状の悩みはいろいろあり、
まだまだ これから、始まったばかりでもあります。


私は、そんな聖実ちやんとmoily をずっと 側で見守っでいきたいですし、
今後の展開も  本当に楽しみで仕方がありません。


追加商品も  入荷しています。
今あるmoily 商品全てが揃い、豊富な中からお選びいただけます。


聖実ちゃん自身のこと、moily が出来るまでと、これまでのmoily がわかるパネル展示もあります。
村の様子がわかる写真もあります。


ぜひこの機会に、じっくりご覧くださいませ。


【 moily  カンボジアのかご展 】
7月17日(月・祝)まで。
*フラマン店内にて開催!












posted by ジュンコ at 01:53| Comment(0) | フェアトレード・企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: