2018年02月23日

こんなの食べたことない! 酒粕てらのこと。



先日までの革細工師・銀屋さんの作品展も、無事終わりました。
今回、来られなかった方にも、3月9日(金)からはじまる、銀屋さんを含む作家ユニット・ 遊牧民の作品展もあります。
そちらでも、またテイストの違うものを見て頂けますので、お楽しみに。


銀屋さんの期間中には、体調を崩してお休みを頂き、たいへんご迷惑をおかけしました。
すっかり毒出しをし、私はすこぶる元気です。


作品展を知って、そんなには話したことがなかった  高校時代の同級生が来てくれたり、
( 人知れず )いろんな人が見守ってくれてることに、改めて  ありがたいなと  じんわりきました。
まだまだ  がんばりたいと思ふ  春の日です。。。


そんな春の日にぴったりな、新しいお菓子の紹介をします。
もうね、ものすごい衝撃を受けました。
この『 酒粕てら 』に。
C206DBC4-380B-413C-A454-5433C735B8F1.jpg
なにがって、食べたことのないおいしさに。
想像をはるかに超えてきましたから。


パッケージを開けたとたんに、まず  酒粕の芳しい香りが  一気に広がります。
お酒が飲めない方なら、酔いそうなくらいに、しっかり酒粕です。
しかも、上品で良質な酒粕だということは、すぐにわかります。


そして、超しっとりとした食感も特徴です。
見た目は、こんな感じです。
A174479F-06BE-41B3-BEE4-FF88A6BB4F8C.jpg


切ってみると、
A44F6C3D-D5EC-48EB-9038-5CB742E93C9C.jpg
どれくらいしっとりしてるかと言うと、スウィートポテトくらい。
完全に  新感覚のかすていらです。


素材のこだわり、作り手の想いが、しっかり伝わります。
要となる酒粕は、日本一小さな酒蔵と言われる、揖斐郡にある  杉原酒造さんのものを。


他にも、平飼いたまご、本巣市にあるチクマ養蜂さんのはちみつ、国産小麦粉を使用し、
もちろん添加物も一切使わず  作られています。


眞崎由宇さんが心を込めて作っていらっしゃいます。
386CCADA-6EA9-40C7-A854-D07C6DE34538.jpg


私は、このネーミングも、「 酒粕てら 」だけじゃもったい気がして、勝手に考えていました。
「 しっとり贅沢 酒粕てら」とか、「 ホントに(の)酒粕てら 」とか、「 驚くほど酒粕てら 」とか…。


でもそんな事より、「 酒粕てら 」 とシンプルなそのままが  やっぱり一番良いんでしょうね。
何気なく食べてもらった方が、驚きもひとしおかと思います。


とは言え、これを読んでくださった方は、もう私が  情報を入れすぎましたね。
ごめんなさい。
一旦 忘れて、食べてみてください。


ちなみに、この酒粕てらですが、いつもあるとは限らないのです。
酒粕自体が、手に入らない時もあるんですって。
ですから、酒粕のある時にだけ作る事ができる限定品です。


酒粕自体は、通年あるものなのですが、繁忙期は 手が足りず、供給ができないそうなのです。
ですので、もしご面倒でなければ、お電話で 在庫の確認をして頂けると、間違いないと思います。
ご予約やお取り置きも承ります。 


フラマン
Tel  058-216-4884


ただしご予約も、時期の確定がしづらい事もありますので、ご了承くださいませ。


また酒粕てらは、冷凍保存されています。
それを冷蔵保存で、賞味期限は1週間となります。
店頭では、レジ前にて、POPでのご紹介となります。
現在、在庫はあります!
BAD0CEEB-5ED4-46A3-9C69-3C045E4D6082.jpg

59223265-76BD-41FC-8CA5-5F9F6D7EAE77.jpg
時々、サンプルが出ている時もあります。
サンプルがない時も、気軽にお声かけください。


796E1088-3030-4685-94D0-F20AC53BCD4A.jpg

42EFA163-7EFF-41C7-9657-07A17340DA93.jpg
※この酒粕てらは、お一人様サイズです。
( 紙容器のサイズが  5×10cm )


しあわせおやつ工房ひろがるさんのおやつは、他にも  いろいろあります。
大人気のグラノーラに、
0A873FC5-16E8-41F7-9FF9-B15880018E14.jpg

BA56B6F5-A374-47E5-BE12-372E62A47783.jpg


こちらも、この春の新作・ブリスボール。
BACF84B1-47A4-44C3-8163-FB5F078669D5.jpg
※お写真は、カフェギャラリーatelier feliz(アトリエフェリス)さんから お借りました。


パッケージは、こちら。
7AB21E16-4044-4C88-B2C5-A9888E089215.jpg
これらのグラノーラ、ブリスボールは、眞崎由宇さんの息子さん、
眞崎貴匡さんが心を込めて作っていらっしゃいます( POPに載ってる写真がご本人 )。


全シリーズで、七福神が揃うのですが、フラマン  には  今のところ  六福神です。
近々  七福神が揃う予定です。


どれも良質な素材を生かして、あんしん・あんぜんに作られた、おやつです。


グラノーラを食べられた方が、「 今まで食べたグラノーラで一番おいしい。」ことを、
作ったご本人に伝えたい、と工房まで行かれたことがあります。
あいにく、その時はお会いできなかったのですが…。


その気持ち、私も  すごくよくわかります。


私も、「 酒粕てら 」の衝撃を、ご本人だけでなく、皆さんにもお伝えしたいですもん。


ある深夜番組で、勝負土産を 正直者の月亭八方さんに食べてもらう企画があります。
誰からのお土産かは伝えず、純粋に本当においしいかどうかジャッジをするんです。


ユタカさんと、「 自分だったら勝負土産  なに持ってく? 」  と話していて、
私は  即答で、「 酒粕てら。」と。


ちょっと  いろいろ言いすぎて、ごめんなさい…。
一旦、そのハードルを忘れて、フラットな気持ちで食べてもらいたいです。 
もう遅いかもしれませんが、この時ばかりは  人の記憶は  どうぞ曖昧に。。。


フラマン店内も、すっかり春めいてきました。
春はもうすぐそこ。
C602520E-0FCB-4F2D-97E2-DCA3D94D6FE3.jpg

9E503417-7DB8-4A0E-87D7-45805A4EE687.jpg

F0993484-D70F-4ACB-86AB-BEF491B8BA1C.jpg

5F382EA5-27B8-44B8-85B3-522F50431EB6.jpg


posted by ジュンコ at 14:10| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

本日発売!



DF0BAE6E-7F58-4C1D-B624-2B6250213FBF.jpg


先日までの itofun さんによる、 アクセサリー作品展も、無事終了いたしました。
裂き布と糸から生まれる、彼女にしかできない素晴らしいアートワークを、
私自身も存分に  楽しませていただきました。


来年も作品展が決定しましたので、ぜひお楽しみに〜♪
itofun 江本麻紀さん、みなさん、本当にありがとうございました!!


さて、先ほどの写真、ツバメサブレの新作が、本日発売されました。
1CF60B54-F0D3-4E32-9DC5-0121FD26DFD7.jpg
左が「 有機抹茶 」、右が「有機ココア 」。


D20FC727-964D-4342-9A5D-BCBB3EF92C50.jpg
おいしそうでしょ?
期待通り、いや期待以上の  おいしさです!


柳ヶ瀬にあるツバメヤさんから誕生し、
今や全国の選ばれしお店(?)で  販売されています。


日本で大切に育てられた小麦の原種、
ディンケル小麦の石臼挽き全粒粉が香る、
力強くて優しいおいしさです。


有機ココアも、有機抹茶も、その小麦の香りを邪魔することなく、
後から追いかけてくるような 上品な仕上がりなのです。


この辺りの繊細さにも、こだわりが感じられます。


さすが、まっちん。
さすが、ツバメヤ。
さすが、山本佐太郎商店。


発売日厳守でしたから、もちろん厳守しました!
62E52E8E-17F7-4EB2-8A65-31D9DA0B225C.jpg
早めに届いてましたが、箱を開けるのもはばかられました。
何せ、発売日厳守ですからね。


箱を開けた瞬間に、白い煙がモクモク立ち上がるんじゃなかろうかと。
で、おばあさんになるんじゃなかろうかと。


若い時は、いっそ 朝起きたら、もうおばあちゃんになっていたいと思ったものです。
できれば、オバサンをすっ飛ばしたいと。


もちろん、朝起きても、おばあちゃんには、なりませんでした。


甥っ子が、「じゅんこねぇちゃん」と呼ばなくなった頃から、
現実を  受け入れるようになりました。


確かに、私も小学生の時、友人が叔母さん(オバサン)のことを、
「ゆみちゃん」って呼ぶことに  違和感を感じていました。


甥っ子は、あんがい早い時点で、(じゅんこ)ねぇちゃんじゃない ってことに、
気づいてしまったようです。


ヤマト(配達)のオバサン、じゅんこねぇちゃんに似てたって、
思った時に、気づいたんじゃないかと思います。


今は、甥っ子も  呼び名(あだ名)と理解してからは、
「じゅんこねぇちゃん」をまた採用しています。


そんな甥っ子も、もう今年から大阪の大学生。
今日は 実家のお手伝いで、刃物祭りで売り子をしてくれてます。


これは、昨年の刃物祭りの時の写真。
75293C1D-7EF4-4EAB-923C-33983D413358.jpg
手伝ってくれてる  姪っ子と甥っ子。


今日・明日は、関の刃物祭りです。
お天気が持つと良いですね。


それから、同じく今日明日、日野にある 雑貨カフェ・Lico Licoさんでは、
「リ・コルリ  青空文化祭」開催中です!
ワークショップや、焼き菓子販売など楽しそうです♪
BF6F9CEF-03B5-4D6D-B3FC-FDDE68209CB1.jpg


フラマンも、3連休  まぁまぁ はりきって営業しています。
どうぞ  ゆるりと遊びにいらしてください。




posted by ジュンコ at 16:26| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

朝のしあわせ。



tumitumi.jpg


わかりますか〜?
後ろのビンは、そう いちごジャムです!
しかも、とびきり おいしいのですっ。


ボン。
tumitumi jam.jpg


こちらのいちごジャムは、本巣市にある いちご狩り農園・つみつみいちごファーム で作られたものです。


つみつみいちごファームの、無添加手作り いちごジャムなのです。
着色料や香料、酸味料、ペクチンなどのゲル化剤を、一切使用していません。
ファームで採れるいちごと、砂糖、レモン果汁だけで、できています。


いちご感たっぷりの やさしくて、フレッシュな味です。
お母さんが作ってくれた いちごジャムが、
めちゃくちゃ上手にできた時の、あの味です。


本当においしくて、私の 今の一番の楽しみです。
朝が めっぽうニガテな私ですが、
いちごジャムがあるので、次の朝起きるのが 楽しみなくらい。


そう言えば、10年以上前ですが、
顎関節症(がくかんせつしょう)を患ったことが あります。
アゴが痛くて、口が あまり開かないんです。


食事には、けっこう 苦労をしました。
朝は特に、口が開かないんです。


無理やり、口の隙間から トーストを 口に押し込むと、口の端が切れるんです。
カリッと焼いたパン(耳部分)も、時には 凶器です。
アゴが痛い上に、口(の端)まで痛い・・・。


それ以来、食パンが 大嫌いになって、数年間は 全く食べられませんでした。
その後も、自分から 食べることは、ほとんど なかったのですが、
結婚を機に、日常的に 食べるようには なりました。


そんな私が、今の 一番の楽しみ・いちごジャム パンライフ。
ぜいたくだなぁ〜と思いつつ、ドバッと 付けます( 盛ります )。


フランスパンでも、カンパーニュでも良いのですが、
食パンだと、たくさん 乗せられます。


通常のジャムより たっぷりサイズなのですが、
あっという間に なくなります。
( そりゃ そうだ )


自分でも、さすがに 食べすぎだと思うので、
もう少しセーブしようと 思います。


そうそう、つみつみファームのいちごは、
岐阜ブランドの“ 濃姫 ” という品種のみの 生産です。
甘みと酸味のバランスのとれた、やわらかくて 上品なおいしさです。


そして、こちらは 酢トロベリー。
いちご酢です。
tumitumi su.jpg
いちごを 発酵してできた酢なのです。


近頃、飲むお酢が 流行っていますが、そういう 甘ったるさは ないです。
ほんのり甘く、いちごの香が ふんわりする、お料理に使える お酢です。


ドリンクにするなら、牛乳と割って、いちごヨーグルトにするのが、おススメ。
そこに、いちごジャムを ドバッと入れたら、世界一おいしい いちごヨーグルトです。
( 私調べ )


これがまた、とてもお値打ち!
( 東海地区ならではの 言い回しなのだそう 「お値打ち」)


つみつみいちごファームジャムは、もう いちごだらけ。
300g(ぽってりボトル)で、なんと 700円!


いちご酢・酢トロベリーは、180ml 1,050円です。



そして 話は変わり、
みきおさんの個展は、あと二日となりました。
mikio kamishibai.jpg


毎日、紙芝居も やってくれています。
歯抜け調に話す おばあさんに、注目です。


ぜひ、みきおさんにも 会いに来てくださいね。
お待ちしています。


posted by ジュンコ at 20:05| Comment(2) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする