2014年01月12日

祝・成人のみなさん。



3連休は、いかがお過ごしですか?
明日の成人の日は、晴れそうで 良かったですね。
晴れ着が汚れる心配も ありませんし。


この時期になると、毎年 自分の成人式を思い出します。
フレッシュさ ゼロの、渋すぎる 小料理屋のおかみのようでした・・・。
キャピキャピはないわ、、、にしても、極端すぎました。


それはさて置き、かわいいお客さんのご来店が。
otoshidama.jpg


こちらの3姉弟は、それぞれが 自分のお年玉で、
お買い物をしてくれるんですよ。
それぞれ、しっかりとお年玉袋を、握りしめて。


おねえちゃんたちは、柄違いで、
フェアトレードの、手漉き紙を使った ペンケースを作るキット。
チョイスが、また すてき!


末っ子長男くんは、小さなカゴを。
お菓子を 入れたりするんですって。


「こんどは、コレたう(買う)。」って、
次回の目星まで 付けてくれてました。


はぁ〜、かわいい。
二十歳になるまで、見守りたい。。。


とは言え、実際のところは、小学校の高学年になると、
「 車で待ってる。」 なんて、ついて来なくなっちゃうんですよね(男子は)。
ちょっと寂しいですが、そうやって 大人になるんですね・・・。


それも含めて、見守りたいです。
完全に、余計なお世話ですね。 おほほ。


フラマンは、リニューアルに向け、SALE を開催中です。
例えば、フランスのアンティークは、何と! 50%OFF になっています!
france an2.jpg

france an1.jpg
主に、1950年代〜19世紀末のものが 揃っています。


1960年代〜70年代の 比較的若いもの、
デッドストックなども あります。


ちなみに こちらは、1940年〜1950年代の ガラスボトルです。
france an3.jpg
カットワークが美しい トワレタリーシリーズです。
上品な黄色のガラス製品は、ちょっと珍しいですね。


手前の右から、アクセサリートレイ、
コットンケース、パフュームボトル(2サイズ)、綿棒ケース。


こんなのが、ドレッサーに揃っていたら、
ラグジュアリーな 気分になりますね。


揃っていなくても、一つだけを 大切に使うのも、素敵ですね。


今も大切に残されている、古いものたちを見ると、
いつも思うのですが、どれも 本当に丁寧につくられています。


“ 使い捨てする ” なんて観念は、一切なかったのでしょうね。
その時の 一番の技術で、大切につくられています。


何十年も、百年以上も 大切にされてきたものを、
手にする喜びは、一味ちがいます。
それをまた大切に使って、後世につなげたら、ステキです。


フランスのアンティークボタンも、50%OFF ですよ!
france button.jpg


アクセサリーのパーツにしたり、
バッグや洋服のアクセントに、
ラッピングに使っても良いですね。


私は、母や叔母さんから、洋服のお下がりをもらって 着ています。
カンタンなリメイクをすると、ずいぶん雰囲気が変わります。


ボタンを変えるだけでも、見違えますよ。
古着なんかも、そうですね。
簡単リメイク、おススメです。





posted by ジュンコ at 19:34| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

エッフェル塔


恋するフランスも、もう終盤です。
今週の土曜日、30日まで 開催しています。


今さらですが、
フランスと言えば、パリのランドマーク・エッフェル塔の雑貨を 
いくつか 紹介します。


大半の女子は、好きなんじゃないでしょうか。
ビジュアル的にも、美しいですもんね〜。


まずは、手のひらサイズ。
eiffel1.jpg
この手のものは、フランス製は 少ないのですが、
こちらは、mede in France.


そして、これくらいのサイズになると、案外 細かい部分は つぶれてしまって、
グズグズだけど、エッフェル塔ってことは、わかるよね。
というクオリティーに なりがちです。


でもこちらは、細かなところまで、ちゃんとしています。
美品です。


こちらも、フランス製です。
組み立て式の、立体メッセージカードです。
組み立てというほどの 難しいものでは、ありませんが・・
eiffel2.jpg


メッセージカードと言っても、メッセージを書くスペースは、こんなんです。
エッフェル塔の 型を抜いた、足元の切れ端です。
eiffel3.jpg
短い言葉でも、気持ちは 伝わるんです。 きっと。


恋するフランスの 雑貨たちは、ほとんどは フランス製のものです。
でも、こと エッフェル塔モチーフとなると、フランス製のものでないものの方が多いので、
そこは どうぞご了承くださいませ。


東京タワーの雑貨を、日本で 普段使いする人は、少ないですもんね。
エッフェル塔モチーフは、本国の方より、私達の方が 好きだってことなんでしょうね。


こんなにも小さいエッフェル塔も。
eiffel4.jpg
ピンキーリングです。


メガネのトモちゃんが、
「 左手の小指にはめると、幸せを引き寄せて、その幸せが出るのを止めて、
右手の小指にはめると、今の幸せを キープできます。」


と、いつも力説しています。
( 目下、幸せ探し中の 迷えるメガネです。 )


こちらは、ブックマーカー。
eiffel7.jpg
紐の両端に、モチーフが付いています。


エッフェル塔と、木馬です。
eiffel8.jpg


雰囲気のある ペーパーウエイト。
eiffel9.jpg
万年筆で、手紙でも 書きたくなりますね。


アクセサリートレイ。
eiffel10.jpg
エッフェル塔の部分は、リングホルダーになります。
トレイには、ピアスが良いと 思います。


他にも、まだまだ ありますよ。
エッフェル塔、やっぱり なんかいいんですよね。。。




posted by ジュンコ at 01:02| Comment(2) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

貯金したいですねぇ。。。


owl bank2.jpg

悪いダルマか、ミュータンス(虫歯菌)?



ホントは、ふくろうの貯金箱でした〜♪

owl bank.jpg

正しくは、みみずくですね。



こんな かわいらしい、赤いふくろうさん ( ← もう、ふくろうで 行きましょう )。
フランス産です。


あか抜けてますね、あかいけど。


ふくろうの かわいさに気付いたのは、5年くらい前のこと。
それまでは、おばさまや おばあちゃんの特権(?)っぽい、
雰囲気があったような 気がします。


昔ながらの 日本的民芸調のものが、主流でした。



それが ある日、
大人ぽっさがありつつも、かわいいふくろうの イラストが描かれた
食器を見たとたんに、急に 好きになりました。


ふくろうって、かわいいんだぁ・・・って。
(遅いですけど)


みなさんは、お気に入りの ふくろう いますか?



先日、銀行で順番を 待っていると、
ペンギンの 貯金箱をもった おじさんが、
窓口に 来ました。


ちょうど、この ふくろうと同じくらいの
大きさ(高さ13cmくらい)のものです。


何気なく聞いてると、
おじさんは、「12万ある」 って、言ってました。
(何気なくでもないね・・)


わお! 
手のひらに乗った、普通の貯金箱だけど、
じゅうにまんえん!、、、かぁ。。。


そりゃ、500円玉貯金に 違いないね。


窓口のお姉さんに、ATMで預けるよう、指示されて、
ATMの方から、ジャラジャラジャラ〜〜〜〜〜〜!!!
(フィーバー?)


は〜、じゅうにまんえん。。。
ペンギンに。。。



ほ〜ぅ。。。









posted by ジュンコ at 20:00| Comment(2) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

旬は、桜と おフランス。


桜、美しい。。。
桜を愛し、桜を たくさん植えてくれた先人に、感謝します。

美しい桜を、ゆっくり楽しむ 心のゆとりが 欲しいですね〜。。。


どうでも良いですが、最近 顔がむくみます。
寝起きは ともかく、夜になっても、まぶたもぷっくり。
さっきも、「寝起き?」 と聞かれたけど、もう午後だし。

で、昨日 やっと気付きました。
たぶん、ここ一週間で、2キロくらい 急に太りました。
お花見も 宴会もしてないのに・・・。
(時々、急に太ります、私。)

ちょっと前の、私の激甘ブーム(激甘なお菓子が食べたくなる)が終わって、
ホッとしたのも、束の間。
遅れて やってきました、体重が (ンもぉ〜・・)。


皆さんも、お花見なんかの 食べ過ぎ飲みすぎには、
お気をつけください。


それはさて置き、みんな大好き、おフランス雑貨が、
フランスから 届きました〜!

paris zakka.jpg


デッドストックのアクセサリーや、ステーショナリー、
レトロポップな 食器や、刺繍のブラウス、
80年〜100年前クラスのアンティークも、たくさん入荷しています。

ただ、出すところが・・・。
大幅に ディスプレイ変え、しなくっちゃ。


何から手をつけようか。。
あっちも、こっちも、手を入れたい。

結局、あちこち いじって、
散らかして、収拾つかなくなるタイプ。


は〜、今日は(も)、散らかし番長です・・・。
桜は、散ってもきれいなのに。。。



posted by ジュンコ at 14:05| Comment(4) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする